空中散骨に関する基礎知識

category01

一般的に散骨をする主な場所は海上ですが、セスナ機やバルーン、ヘリコプターを使って空中で散骨を執り行うケースもあります。
「空葬」と呼ばれる散骨のスタイルはアメリカ合衆国では珍しくなく、むしろ合法的な供養として認められています。1965年にカリフォルニア州で許された事が始まりですが、この時は空中の飛行機から撒く遺灰が落ちる場所は海上である事が条件でした。

現在は故人が所有して遺族が引き継いだ土地でも遺灰を撒く事が許可されています。
しかし陸上で遺灰を撒けるのは広大な国土を持つアメリカ合衆国だからこそ可能な供養だと言えます。
日本では空から遺灰を撒いても良いとされている地点は海上か国有林のみとされています。


日本国内では空葬を請け負ってくれる業者は少ないため、海洋葬よりも価格が高い葬儀になります。

朝日新聞デジタルに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

空葬の平均的な費用の相場は30万円からですが、これは船をチャーターして身内のみで執り行うチャーター海洋葬とほぼ同じ相場です。



空葬の費用が高い理由、それはその希少さと難易度にあると言えます。空葬の難易度は決して簡単なものではありません。


まず空葬に関する手続きや準備に明るい業者を見つけるのは難しく、実際に飛行機に乗る人数は限られるので大人数による供養は不可能です。

それに散骨を控えた当日に悪天候になったために中止せざるおえない可能性は十分あります。



ですが苦労した分だけ思い出に残ることが空中散骨の良いところであり、特徴と言えます。

社会の基本知識

category02

現代では、家族形態の変化や経済的な理由などから、きちんとした葬式をすることや、お墓を立てたり維持したりするなどの費用がない、あるいは入るお墓がないなどの問題を抱えている人が増えてきています。そこで、注目されているのが散骨であり、どのようなメリットがあって、どのようなことに注意するべきかなどを知っておきましょう。...

subpage

基礎知識

category02

近年お墓の在り方の考え方が多様化し、その中で散骨を選ぶ方が増えてきています。この方法は、細かく砕いた遺骨を、山や海に撒き、最終的に自然と融合していく自然葬の方法です。...

subpage

いまどきの社会

category03

一般的に散骨は葬儀社や専門の業者に依頼するものですが、現在の日本の法律では個人で行なう事も許されています。個人で散骨をする最大のメリットは費用をゼロにすることが可能という点ですが、反対にデメリットは全てを独力で行わなくてはならないという点に尽きます。...

subpage

社会関係の情報

category04

故人の遺体を火葬した後の骨を粉末状にして、海や空、山に撒く葬送法を散骨といいますが、火葬したあと埋葬するのが一般的でしたが、最近では増えています。お墓問題で遺族に負担をかけたくないという思いの人が増えています。...

subpage